冬に食べるタンメン - bebeのbebe

冬に食べるタンメン

今日は暖かく、風はやや強し。

風が気になるが・・・

よし、行けるだろう・・・きっと!

むぅ

松伏あたりの公園にでも行ってみるか。

うーん

松伏みどりの丘公園か。

距離的にそんなにないので楽勝で行けるだろう。

12時過ぎにスタート。

出遅れたか、いや、スロースターターの私としてはこんなもんだろう。

今回は暖かいので少し軽装で。

ギーコギーコ・・・

行けるねこれ行けるね!

寒くないよーこれ。





・・・





ギーコギーコ・・・





・・・





ビュオオオオオオオオオオオオオオオオオ・・・

う・・・

寒い・・・

気がする・・・

でも、大丈夫。

俺、いつも体温高いから(?)

・・・





ギーコギーコ・・・





・・・





ビュオオオオオオオオオオオオオオオオオ・・・

2017020613110001.jpg


だ・・・

だみかもしれない・・・

風がやばい!

耳が痛いっすわーー!!

クソッ!

イライラするわー風に。

もうね

引き返します。

引き返すも勇気なんです。

ビッグダディも言ってました。

「俺はそう思う」

と。





・・・





か・・・

帰ろ・・・

ギーコギーコ・・・

ブツブツ

ブツブツ

「俺の力はこんなものなのか・・・」





・・・





まぁ

こんなものだろうな。

はぁ

ギーコギーコ・・・

腹が減ってきたなぁ。

寒いし、ラーメンでも食べようかな。

それも本格的なラーメンというより、中華料理屋にあるようなラーメンが食べたい。

ギーコギーコ・・・

うーん

そうだ!

昔知り合いに紹介してもらったところに行こう!

ギーコギーコ・・・

やっているだろうか。

時計をチラッ

14時過ぎている。



・・・



暖簾・・・

暖簾よ出ていてくれ・・・

とりゃっ!

よしっ!

やっている!

20170206140000001.jpg

江春楼(こうしゅんろう)

住宅街にひっそりとあるこのお店。

車では気付かずに素通りしてしまうであろう。

確かタンメンが美味しかったんだよなぁ。

ガラガラガラ!

「いらっしゃいませー」

女性店主が一人。

カウンターは10席ほどで、テーブル席はない。

卓上の調味料もシンプル。

そして、なんといってもこの時間に開いているが嬉しい。

ちなみに、営業時間は11時から19時まで。

ふふ

こういうところで食べるのが美味いんだよなー。

ガタッ

カウンター席に着くなり一言。

俺「タンメンください」

店主「タンメンね、今お茶注ぎますのでー」

ふぅ

寒かった。

風にやられたなぁ今日は。

シュッシュッ

び・・・ビエエエエエエエエエエエエッ!!

卓上にあるティッシュで鼻をかむ。

はぁ

人心地ついた。

しかし・・・

お客がだーれもいない。

BGMもない。

でも、これが地元のラーメン屋って感じでいい。

ほどなくしてタンメン登場。

コトッ・・・

「はい、タンメンね」

2017020613460000.jpg

ほほ~

美味しそ~

では・・・

いっただっきまーす!

まずはプースーから・・・

ズズッ

うんまッ!

身体があったまる~!!

ンーメーは・・・

中細縮れ麺をズルズルッ!!

うん!

プースーと相まってうまいでござんすなー!

具は・・・キャベツにモヤシ、ネギと豚こま肉。

うみゃ~だすよ。

ズルズルッ

ズズッ

残りプースーのみとなったところで、お酢をタラッと一周。

ズズッ

うん

味が引き締まってうまい。

さらにラー油をこれまたタラッと一周。

ズズッ

味が変わってこれもうまい。

ふぅ

全部このプースーを飲み干したいところだが・・・

身体のことを考えここで終了。

コトッ

「ご馳走様でしたー」

はぁ

美味かった~

こういう日はタンメンに限りますな~。

また来ようっと。



本日の走行距離
約14キロ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。